商品分類
元気サプリメント
美容サプリメント
健 康 飲 料
ヘルシーフーズ
自 然 化 粧 品
中 国 茶
健 康 茶
[ 取扱全品一覧 ]

HOME
新着情報
ショップ概要
注文方法
通販法表記
カートの中
問い合わせ
サイトマップ

ニンニクパワー

古くて新しいガーリックの歴史

ガーリックの原産地は中央アジアです。食用として栽培されたのは5千年前のエジプト王朝時代で、ピラミッドを建設した労働者の貴重なエネルキ゛ー源となっていたようです。
また、古代ギリシャや古代ローマ時代には兵土の活カを養う食品として大量に取引され、多くの兵士に配給されていました。日本には6世紀以降、中国や朝鮮半島からもたらされ、平安時代には源氏物語にも登場するほど知られていました。
このように、ガーリックは古い歴史を持ち、人類に多大な思恵をもたらしてくれましたが、ガーリックの成分や働きが科学的に解明されるようになったのは、かなり最近のことです。

■ ガーリックは「デザイナーフーズ」1食品!

1977年に、米国では医療費の将来的な財政破綻を避ける目的から、上院議会でマクガバン・レポートが発表され、医療費の大半をしめる成人病を減らすためには、食生活を根本的に改善する必要があることが提起されました。同時に、米国立ガン研究所(NCI)に「食品・栄養・ガン発生」の相関関係を解明する調査が求められたのです。

NClは、食品と栄養に関する世界のあらゆるデータを収集分析した結果、1990年に食品40種類を表記した「デザイナーフーズ・プログラム」の研究がスタートしました。ガーリックは40種類の食品ピラミッドの頂点に置かれ、予防の可能性が最も高い食品として知られるようになりました。その結果、米国ではガーリックブームが起こり、一人当たりのガーリック消費は10年で3.1倍にも増えています。

■ 欧米ではガーリックの臭いの元“アリシン”を重視

ガーリックはなんと言ってもあの刺激的な臭いが消費の足かせになっています。しかし、あの臭いこそがガーリックのパワーの源であるというのが世界の共通認識です。日本では無臭ニンニクを謳い文句にする商品が多く見受けられますが、欧米では考えられない商品と言うことになります。

ガーリックの臭いの元はアリシンという成分で、ガーリックを切ったり潰したりすると、細胞の中のアリインに酵素のアリナーゼが結びついて、刺激的な臭いを発するアリシシができます。アリシンはビタミンB1と結合してアリチアミンになり体内の代謝作用を活発にし、からだを守る力を高める働きがあるといわれています。まさに、ガーリックの臭いこそパワーの源であり、スタミナ食の証ということが出来ます。

 ニンニクパワー

Wowma! T・A・P Yahoo!ショッピングT・A・P 楽天市場T・A・P
Copyright (C) Toyo Art-plants, Inc. All rights reserved.